FANDOM


おしゃれキャット』(原題: The Aristocats)は1970年12月11日に公開されたウォルト・ディズニー・プロダクション製作のアニメーション映画。日本では1972年3月11日に公開。

原題のAristocatsとは、「貴族階級」という意味のaristocratのもじりである。

解説 編集

1961年、ウォルト・ディズニートム・マクゴーワントム・ロウに"ワンダー・ワールド・オブ・カラー"で放送する番組の物語作成を依頼した。 当初は実写で製作される予定であったが、出来たストーリーが大変素晴らしく、当初の予定を変更し長編アニメ映画として製作されることとなった。これを受けて美術監督であり脚本家でもあるケン・アンダーソンが1年半もかけて基礎作りをした。しかし1966年末にウォルトが死亡。この意思を継いでプロデュースしたのは脚本家のウィンストン・ヒブラーと「王様の剣」よりアニメ映画の責任者となったウォルフガング・ライザーマンだった。音楽ではジョージ・ブランズがミュージカルのバックの楽譜の為にフランス風のアコーディオンのような牧歌調の曲を目玉として、1940年代のジャズバンドと長い経歴の中から沢山の音楽を提供、更にシャーマン兄弟がオープニングテーマを合わせて3曲提供、そのオープニングテーマをモーリス・シュヴァリエが歌った事で話題となった。予算は400万$以上が組まれ、35名のアニメーター達によって32万5千枚以上の下絵が描かれ、主要な20のシーンでは1125の個別のシーンにペイントされた背景900が使用された。ロイ・O・ディズニーのビジネス面のおかげでこのプロジェクトに250人が雇われ、ウォルトの死後、映画は大成功を収めドル箱シリーズが始まった。

あらすじ 編集

フランスパリにダッチェスという美しいが3匹の仔猫たちと暮らしていた。飼い主は、金持ち婦人。老婦人は財産を猫たちに遺そうと弁護士を呼んで遺言状を作成する。その遺言を盗み聞きしたのが、長年仕えていた執事エドガー。猫たちが死んだ時には自分に遺産が入る事を知ると、エドガーは遺産目当てに、猫たちを睡眠薬入りミルクを飲ませて眠らせ、パリの郊外に捨ててきてしまった。

目を覚ましたダッチェスたちの前に現れたのが、野良猫オマリー。ダッチェスの美しさと気品に惹かれたオマリーは、いっしょにパリを目指す。

登場キャラクター 編集

人間 編集

ボンファミーユ夫人 (Madame de Bonfamille)
大金持ちの老婦人。ファーストネームはアデレード(Adelaide)。かつては有名なオペラ歌手であり、『カルメン』は当たり役だった。
ダッチェス親子の飼い主で、自分の死後、財産を飼い猫たちに遺そうと遺言の作成をオートクールに依頼する。心優しい性格のためエドガーの本性に最後まで気がつかず、突然いなくなった彼を心配する場面もある。
ダッチェスがオマリーを連れて帰って来たことに喜び、その後、財産を使って猫たちのための支援団体を設立した。
エドガー (Edgar)
ボンファミーユ夫人に長年仕えてきた執事。一見真面目で愛想が良い執事だが本性は強欲かつ狡猾な性格。夫人の遺産の相続権が猫たちに継続されると知り、ミルクに睡眠薬を入れ、猫たちを遠くに捨ててしまう。最後はジャズ猫たちにやられ、アフリカへ追いやられていく。
本作のディズニー・ヴィランズにあたるが、作中ではオマリー達、猫だけでなく犬のナポレオン・ラファイエットやオートクール弁護士などにもひどい目に合わせられるなど、ヴィランズの中では比較的悲惨なキャラクターである。
ジョルジュ・オートクール (Georges Hautecourt)
弁護士である老人。古くからのボンファミーユ夫人のファンでもある。夫人に頼まれ、遺言状を作成する。エドガーの本性に薄々感づいていたようが、夫人にはあえて話さなかった。
牛乳配達 (French Milkman)
物語の最初で『おしゃれキャット』の歌を歌いながら牛乳を配達している。
ル・プティ・カフェのシェフ (Le Puty Cafe's Sheff)
田舎風ガチョウ料理軒のコックさん。その内にワルドーが、ガチョウに料理に去れるらしいのです。
ワインのおじさん (Wine the Uncle)
パリの猫喫茶軒の口ひげにはやしてる。猫王と猫軍団4人とロックフォールとオマリーに探せているの見ていて、ワインに地面にかけました。

ネコ 編集

ダッチェス (Duchess)
本作のヒロイン。白い美猫。トゥルーズ、ベルリオーズ、マリーの母猫。
「ダッチェス」という名前は「公爵夫人」の意味。
トーマス・オマリー (Thomas O'Malley)
侠気のある、オレンジ色の毛をした雄猫。ダッチェスたちがパリに帰る手助けをするなど、ダッチェス親子にとって頼りになる存在。本名は、エイブラハム・デ・レイシー・ジュゼッペ・ケイシー・トーマス・オマリーという。
マリー (Marie)
白い仔猫(牝)。首にピンクのリボンを蝶結び(結び目は背中側)に結わえている。歌唱が得意。おませな妹猫。
トゥルーズ (Toulouse)
オレンジ色の仔猫(牡)。首に青いリボンを蝶ネクタイ状に結んでいる。絵画が得意。マリーの兄猫。
ベルリオーズ (Berlioz)
灰褐色の仔猫(牡)。首に赤いリボンを結んでいる。ピアノ演奏が得意。マリーの兄猫。
ジャズ猫(The Scat Cats)
オマリーの友人の野良猫たち。バンドを組んでいる。
猫王様 (Scat Cat)
サイベリアンなバンドのリーダー。
ショーン(Shun Gon)
トンキニーズ系。
ヒット(Hit Cat)
ハワイアンTシャツを着たシンガプーラ系の猫。
ペッポ(Peppo Cat)
ロビンフッドのような帽子を被って赤いスカーフをしたメインクーン系の猫。
ビリー(Billy Boss)
キムリック系の猫。

ネズミ 編集

ロクフォール (Roquefort)
ダッチェスたちと一緒に暮らすネズミ

イヌ 編集

ブッチ (Butch)
パリの街にに住む洋犬ブルドッグ種。エドガーは、寄って来たらしい。
ネコの勢員達に猫の5人に演奏パレードしているので、見られていました。
ナポレオン (Napoleon)
エドガーがダッチェスたちを捨ててきた郊外に住む老犬ブラッドハウンド種。ラファイエットとどちらがリーダーであるか言い争っている。
ダッチェス親子を捨てにやってきたエドガーに襲いかかったことで、それとは知らずにダッチェスたちを救った。
ラファイエット (Lafayette)
ナポレオンと同じくエドガーがダッチェスたちを捨ててきた郊外に住む老犬。バセットハウンド種。ナポレオンとどちらがリーダーであるか言い争っている。

ガチョウ 編集

アビゲイル (Abigail Gabble)
イギリス産まれのガチョウ。溺れていたオマリーを助ける。パリのレストランで伯父と待ち合わせをしており、パリまでダッチェスたちと同行する。
アミリア (Amelia Gabble)
アビゲイルとは姉妹のガチョウ。
ワルドー (Uncle Waldo)
アビゲイルとアメリアの伯父ガチョウ。
パリのレストランで酔っ払っていた。なお、そのレストランの名物料理は「田舎風ガチョウ料理」。

ウマ 編集

フルー・フルー (Frou-Frou)
ボンファミーユ夫人に飼われている

声の出演 編集

役名 原語版声優 日本語吹替
ダッチェス エヴァ・ガボール 新道乃里子
谷育子(追加部分)
歌: 中村紀子子
トーマス・オマリー フィル・ハリス 大宮悌二
銀河万丈(追加部分)
歌: 世良明芳
マリー リズ・イングリッシュ 内藤愛美
トゥルーズ ゲイリー・デュビン 稲葉祐貴
ベルリオーズ ディーン・クラーク 曽根洋介
エドガー ロディ・モード=ロクスビー 川久保潔
ボンファミーユ夫人 ハーマイオニー・バデリー さとうあい
フルー・フルー ナンシー・カルプ 里見京子
ジョルジュ チャールズ・レイン 山崎唯
ロクフォール スターリング・ホロウェイ 肝付兼太
ナポレオン パッド・バトラム 槐柳二
ラフィエット ジョージ・リンゼイ 八木光生
ワルドーおじさん ビル・トンプソン 沢りつお
アミリア キャロル・シェリー 渡辺富美子
アビゲイル モニカ・エヴァンス 竹口安芸子
スキャット・キャット スキャットマン・クローザース 熊倉一雄
チャイニーズ・キャット ポール・ウィンチェル 千葉繁
イングリッシュ・キャット ロード・ティム・ハドソン 八奈見乗児
イタリアン・キャット ヴィトー・スコッティ 滝口順平
ロシアン・キャット サール・レイブンズクロフト 松本保典
ジュエール [[]] 達依久子
ウォレス フィリップ・マーロウ 若富邦夫
牛乳配達 ピーター・レナデイ 渡部猛
ル・プティ・カフェのシェフ 山田康雄
カエル メル・ブランク 原語版流用
日本語吹き替え版は、下記に挙げた配役とは別の配役版が存在する。

スタッフ 編集

映像制作 編集

企画統括 ウォルト・ディズニー
製作総指揮 ロイ・O・ディズニー
製作 ドン・B・テータム
製作補 E・カードン・ウォーカー
原作 トム・マクゴーワントム・ロウ
脚本 ラリー・クレモンズヴァンス・ジェリーフランク・トーマスジュリアス・スヴェンセンケン・アンダーソンエリック・クレワースラルフ・ライト
音楽 ジョージ・ブランズ
オーケストレーション ウォルター・シーツ
トーマス・オマリー担当作画監督 ミルト・カール
ダッチェス、マリー、トゥルーズ担当作画監督 フランク・トーマス
ボンファミーユ夫人、アビゲイル、アミリア、ワルドー担当作画監督 オリー・ジョンストン
エドガー、ジョルジュ担当作画監督 ジョン・ラウンズベリー
レイアウト ドン・グリフィスバジル・デヴィドヴィチシルヴィア・ローマー
ロクフォール、スキャット担当原画 エリック・ラーソン
原画 ハル・キングエリック・クレワースフレッド・ヘルミックジュリアス・スヴェンセンウォルト・スタンチフィールドデイヴ・ミッチェナー
エフェクト原画 ダン・マクマナスディック・ルーカス
キャラクターデザイン、美術監督 ケン・アンダーソン
背景 アル・デンプスタービル・レインラルフ・ヒューレット
撮影 ボブ・ブロートン
音響監督 ロバート・O・クック
音楽編集 イヴリン・ケネディ
編集 トム・アコスタ
助監督 エドワード・ハンセンダン・アルガイア
制作担当 ドン・A・ダックウェル
アニメーション制作 ウォルト・ディズニー・プロダクション
プロデューサー ウォルフガング・ライザーマンウィンストン・ヒブラー
監督 ウォルフガング・ライザーマン
配給 ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

日本語版音声制作 編集

演出 金田文夫向山宏志深澤茂行
脚本翻訳 高瀬鎮夫
録音制作 東亜発声映画
プロデューサー ジャック・カッティング
日本語版制作 DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC.

主題歌 編集

使用箇所曲名作詞作曲訳詞訳歌
オープニングテーマ おしゃれキャット
The Aristocat
リチャード・M・シャーマン
ロバート・B・シャーマン
若谷和子モーリス・シュヴァリエ古賀力
エンディングテーマ みんな猫になりたいのさ
Ev'rybody Wants to Be a Cat
フロイド・ハドルストン アル・リンカー フィル・ハリス
スキャットマン・クローザース
ポール・ウィンチェル
ヴィトー・スコッティ
サール・レイブンズクロフト
世良明芳
挿入歌 スケールとアルペジオ
Scales and Arpeggios
リチャード・M・シャーマン
ロバート・B・シャーマン
ロビー・レスター
ゲイリー・デュビン
ディーン・クラーク
リズ・イングリッシュ
新藤乃里子
稲葉祐貴
曽根洋介
内藤愛美
ひとりぼっちじゃない[1]
She Never Felt Alone
ロビー・レスター新藤乃里子
トーマス・オマリー・キャット
Thomas O'Malley Cat
テリー・ギルギーソンフィル・ハリス世良明芳

日本でのマリー人気 編集

日本では映画自体はヒットには至らず、長らく一部のディズニーファン以外には殆ど知られていない作品だったが、2002年2月に本作に登場する仔猫マリーのキャラクター商品が発売され、女子高生などを中心にキャラクターが独自の人気を獲得することになった。2008年現在でも、日本におけるおしゃれキャット自体の知名度は低い為、キャラクター商品としてのマリーは知っていても、マリーが何のアニメーションのキャラクターなのかを知らない人も多い。

日本におけるマリーのブームは、10代の女性向けのファッション雑誌モデルがマリー好きを公言したことがきっかけであるとされる。

マリーは、敬宮愛子内親王が大いに気に入っていることでも知られている。

その他 編集

  • マリーが登場するショーやパレードは多くあるが、東京ディズニーランドで2013年4月15日より開催されているパレード「ハピネス・イズ・ヒア」では、マリーだけではなくベルリオーズとトゥルーズも登場する。3匹が乗るフロートにはロクフォールの造形があり、ダッチェス、トーマス・オマリーのイラストも描かれている。
  • 日本ではマリーがいわゆる「可愛い系」として非常に人気が高く、「おしゃれキャット=マリー」のイメージが強いが、本作の主人公はあくまでダッチェスである。

脚注 編集

  1. 未使用楽曲

外部リンク 編集

テンプレート:ディズニーの長編アニメ映画